騙し絵の牙タイトルの読み方や意味は?映画のあらすじを予告付きで紹介

騙し絵の牙タイトルの読み方や意味は?映画のあらすじを予告付きで紹介 映画
映画『騙し絵の牙』特報映像 2021年公開

2021年公開予定の社会派ミステリー映画、「騙し絵の牙」。

新型コロナウイルスの影響で公開日が延期になってしまいましたが、公開が待ちきれませんよね!

ところで、「騙し絵の牙」というタイトル、とっても目を引きますよね。

読み方が気になった方もいらっしゃるのでは?

また、タイトルにも、何か深い意味がありそうですよね。

 

この記事では、「騙し絵の牙」の読み方、そしてそのタイトルの持つ意味を解剖していきます。

予告とともに、映画のあらすじもご紹介していきますよ!

ぜひ、最後まで読んでいってくださいね!

 

騙し絵の牙タイトルの読み方や意味は?

それでは早速、映画「騙し絵の牙」の原作やタイトルの秘密を、探っていきますね!

 

「騙し絵の牙」読み方は?

「騙し絵の牙」というタイトルは、「だましえのきば」と読みます。

かなりクセがあるタイトルですよね!

では、このタイトルに込められた意味とはなんでしょうか?

 

「騙し絵」とは、具体的に誰かのことを指しているのでしょうか?

「牙を剥く」とはどういうことでしょう。

 

どうやら穏やかな話ではなさそうですね・・・

 

「騙し絵の牙」原作の秘密

映画「騙し絵の牙」は塩田武士による、同名ミステリー小説の映画化です。

原作者の塩田武士さんは、2020年に大ヒットした映画「罪の声」の原作小説で「このミステリーがすごい!」に選出さたれた経歴も!

そして、映画「騙し絵の牙」の原作はベストセラーを記録し、2018年度、本屋大賞にノミネートしました。

さらに、小説「騙し絵の牙」はいわゆるあて書き小説なんです。

あて書きとは、文章の登場人物をある特定の俳優を想定して書かれた小説のこと。

小説の段階から、映像化を強く意識された作品だということですね。

 

実はこの作品、主人公に俳優の大泉洋さんを想定して書かれたそうです。

雑誌「ダ・ヴィンチ」の編集者に、「映像化された際に僕が主演できるような小説はない?」と長年尋ね続けた大泉洋さん。

「もう、私が作ります!」と編集者が塩田武士さんに依頼に行った、といういきさつで書かれたんだそう。

大泉さん、言いそう・・・笑

 

大泉洋さんの写真が表紙となるブックカバーに、見覚えがある方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

 

 

あて書きされただけあって、主人公のキャラクターは大泉洋さんにまさにぴったり!

ご本人の念願叶っての原作ですし、大泉洋さんも気合い十分でしょうね。

面白くないわけがなさそうです。

 

「騙し絵の牙」 タイトルに込められた意味

では、映画「騙し絵の牙」のタイトルには、どのような意味が込められているのでしょうか?

映画のタイトルになった原題「騙し絵の牙」には、「大泉洋が繰り出す明るい笑顔(騙し絵)が、読後に異なる意味(牙)を含んだ笑顔に映るようにみせたい」という趣旨が含まれているそう。

 

「騙し絵の牙」では、出版業界がリアルに描かれます。

原作者の塩田武士さんは元新聞記者でもあり、出版業界に明るい方。

説得力のある内容になることは間違いないですよね。

 

そして、人間の持つ様々な面もまた、生々しく描かれます。

映画の前半部分の明るい部分が「騙し絵」で、後半部分の暗い部分を「牙」と捉えることができそうです。

では、人間の持つダークな部分を、大泉洋さんは一体どのように表現するのでしょう?

普段のひょうきんな彼のキャラクーからはなかなか想像できませんよね!

原作小説を読んだ方の感想はこんな感じです。

最後まで、気を抜けなさそうですね・・

かなり丹念に作り込まれた小説のようです。

うー!早く映画が観たい!!!

 

騙し絵の牙あらすじを予告付きで紹介

続いて、「騙し絵の牙」のあらすじについてご紹介していきます!

 

薫風社の雑誌「トリニティ」で編集長をしている速水輝也(はやみあきら:演 大泉洋)は明るく人望に厚い編集長です。

彼のユーモアは職場に笑いをもたらし、時にはものまねをして場を和ませます。

芸達者で人の心をつかむのがとても上手なのです。

そして仕事面では、抜群の頭の切れ味を武器に、飄々と仕事をこなします。

 

そんな速水に新人編集者・高野(演:松尾茉優)は振り回されっぱなし。

一見するとお調子者の速水ですが、実は雑誌「トリニティ」をなんとか盛り上げようと必死なのです。

最近はwebコンテンツの台頭で、紙媒体の雑誌業界はとても厳しい環境だと聞きます。

速水の働く雑誌「トリニティ」も、大変厳しい状況。

 

専務・東松(演:佐藤浩市)が進める大改革により、雑誌「トリニティ」が廃刊するかもしれない事態になり、大ピンチに陥ります。

雑誌「トリニティ」は薫風社にとってもはやお荷物だったわけですね…。

 

速水や高野は、廃刊をなんとか回避しようと奔走します。

ハラハラしてしまいますね…!

 

物語の前半は、持ち前の有能さで次々と難局を切り抜けていく速水。

しかしだんだんと雲行きが怪しくなってきます…。

速水は、中間管理職として、そして家庭人としても厳しい局面に追い詰められていくのです…。

 

家庭では夫婦関係がうまくいっておらず、精神的に追い詰められた速水の妻・早紀子はなんと万引きを犯してしまいます。

この事件が夫婦関係の破綻への決定打となり、速水は離婚することに。

離婚で娘との関係も複雑に。

速水は打ちのめされます。

 

しかし、この離婚にはもう一つの側面がありました。

一方、仕事の面でも、窮地に立たされた速水。

派閥争いや騙し、裏切りといった抗争に翻弄されながらも奮闘します。

 

ですが、どれだけ頑張っても、なかなか報われません。

ついに速水は、「トリニティ」廃刊とともに退職することになってしまいます。

 

しかしここからが速水の大どんでん返し!

ここまでの速水は、人たらしの敏腕編集長といった印象ですが・・・

彼にはもう一つの顔があったのでした。

 

窮地に追い込まれた速水の、闇の一面がついに「牙」を剥きます

果たして速水は、この局面を突破することができるのでしょうか?

 

そしてどうして速水はここまで雑誌にこだわるのでしょうか?

そこには、速水自身の切ない思い出がありました…。

続きは劇場でお楽しみくださいね。

 

予告を紹介

冒頭に紹介した予告に加えて、さらに新しい予告動画が公開されました!

 

ますます映画「騙し絵の牙」から目が離せませんね!

公開日がいつになるかはまだわかりませんが、上映を楽しみにしていきたいと思います!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、映画「騙し絵の牙」の読み方とタイトルを中心にご紹介しました!

最後にもう一度まとめてみますね!

  • 「騙し絵の牙」の読み方は「だましえのきば」。
  • 「騙し絵の牙」というタイトルには「騙し絵」大泉洋演じる人望の厚い編集長が、「牙」を剥く、という意味がある。

 

映画のタイトルには、こんな意味がこめられていたんですね。

濃厚な人間ドラマと大どんでん返し、ラストを迎えるまで目を離せません!

最初からラストまで、見応えのある映画であること間違いなしです。

ぜひ映画館で楽しんでくださいね!

コメント