黒澤和子の衣装はハリウッドでも使われた?アカデミー賞にも関係?

黒澤和子の衣装はハリウッドでも使われた?アカデミー賞にも関係? 映画

大河ドラマ「麒麟がくる」に引き続き「青天を衝け」の衣装デザインを担当する、衣装デザイナーの黒澤和子さん。

黒澤和子さんの衣装はハリウッド映画でも使われたとの噂があるのですが、本当なんでしょうか?

そこで今回は、黒澤和子さんの衣装がハリウッド映画でも使われたのか、詳しく調査してみました!

さらに、黒澤和子さんの衣装は、アカデミー賞と関係あるとの声も。

こちらに関しても、詳しく調べたのでご紹介していきますね!

 

黒澤和子の衣装はハリウッドでも使われた?

衣装デザイナー・黒澤和子さんの衣装は、ハリウッド映画でも使用されました!

具体的な作品は次のようになります。

 

『夢』1990年(日米合作)

黒澤和子さんの父は、名監督・黒澤明さん。

黒澤明監督の映画「夢」に、当時衣装手伝いだった黒澤和子さんが参加しています。

こちらのひな壇のシーン、

 

 

カラフルな衣装が緑に映えて、圧巻ですよね!

「麒麟がくる」の序盤・美濃編のカラフルな衣装を彷彿とさせます。

 

 

黒澤和子さんは著書「パパ、黒澤明」で映画「夢」に関するこんなエピソードも披露しています。

 

 

『アウトサイダー』(2018年)

国内映画・ドラマで衣装デザイナーとして大活躍している黒澤和子さん。

2018年のハリウッド映画「アウトサイダー」でも衣装担当として参加しています。

細部までこだわりの光る黒澤和子さんの衣装、気になる方はぜひ映画でチェックしてみてくださいね!

 

黒澤和子の衣装は父・黒澤清の影響?

黒澤和子さんの衣装は、父・黒澤明監督からも影響を受けているのかもしれません。

 

 

「登場人物のイメージを反映させる」という黒澤和子さんの衣装作りの姿勢は、長丁場である大河ドラマにも生かされていますよね。

 

 

「青天を衝け」ではどんな風に登場人物の衣装が変化していくんでしょうか?

楽しみですよね!

 

アカデミー賞にも関係?

黒澤和子さんの衣装が「アカデミー賞に関係?」との噂ですが・・・

こちらでいう「アカデミー賞」は「日本アカデミー賞」になりますね!

黒澤和子さんは、2018年の映画「万引き家族」に衣装担当で参加しています。

 

「万引き家族」は日本アカデミー賞で最優秀作品賞を始め、多くの賞を受賞。

日本アカデミー賞とは関係ありませんが、この映画「万引き家族」で、黒澤和子さんは芸術選奨文部科学大臣賞(映画部門)を受賞しました。

 

まとめ

「黒澤和子の衣装はハリウッドでも使われた?アカデミー賞にも関係?」と題してお届けしましたがいかがでしたでしょうか?

黒澤和子さんはハリウッド映画でも衣装担当をされており、国内の映画やドラマでも多く活躍されていましたね。

新しい情報が入り次第記事を追記しますので、また記事を見に来てくださいね!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

コメント