アークArc原作との違いは?映画の結末ラストを予想

アークArc原作との違いは?映画の結末ラストを予想 映画

芳根京子さん主演で2021年6月25日に公開される予定の映画『アークArc』。

話題の映画のため、大ヒット作品になることが予想されます。

そんな映画『アークArc』の原作小説は、ケン・リュウ氏の『もののあはれ ケン・リュウ短篇傑作集2」に収録されている『円弧(アーク)』だと発表されています。

映画版『アークArc』と原作は、何か違いがあるのでしょうか?

もしかすると、原作小説とは異なる結末ラストになることも予想できますよね。

そこで今回は、映画『アークArc』の原作との違い、映画の結末ラストはどうなるのか調べてみました。

 

アークArc原作との違いは?

映画『アークArc』と原作小説『円弧(アーク)』との違いは、まだはっきりと明かされていません

ですが、映画『アークArc』は、原作小説にはないオリジナルシーンがあると思います。

 

そもそも原作小説『円弧(アーク)』は、50ページほどの短い作品です。

映画は長編映画だと発表されています。

そのため映画が仮に原作通りに展開すると、尺がたりないと考えられますね。

 

 

さらに原作小説には、映像化が難しいと考えられる『プラスティネーション』と呼ばれる技術も登場しています。

 

 

映画化にあたり、『プラスティネーション』は一目で分かりやすい技術に分かりやすく変更されているかもしれませんね。

映画予告でも『プラスティネーション』という言葉が出てくるため、どのような描かれ方がされるか今から楽しみです。

また原作小説で登場する女性は16歳で子供を出産しているのですが、映画のあらすじでは女性は17歳で息子を産んだと紹介されています。

 

 

主演が23歳の芳根京子さんのため、年齢を原作と少しだけ変えたのかもしれませんが、何か意味のある違いかもしれませんよ!

 

アークArc映画の結末ラストを予想

映画『アークArc』は、まだ結末が分かっていません。

そこで、ラストを予想していきたいと思います。

 

まずは、今分かっている映画のあらすじを紹介します。

映画『アークArc』は、不老不死の技術を人類で初めて受けたリナが主人公です。

リナは17歳の時に産んだ息子とは一緒に暮らしておらず、気のままに生きていました。

そんなリナは、遺体を生きていた姿のまま保存する仕事をしているエマと出会います。

 

エマの元で働くリナ。

そんなリナは、世界で初めて不老不死の技術を受けることになります。

不老不死の技術は、エマの弟の天音が遺体を保存するために開発したものでした。

不老不死になったリナは、30歳のままの姿で生きることになります。

 

 

現在発表されている映画のあらすじは、原作小説と概ね同じですよね。

リナ役の芳根京子は100歳以上の年齢まで演じることが発表されていますので、リナは100歳程度までは不老不死となった自分に葛藤しながらも生きると予想できます。

さらに映画のキャッチコピーは「私は世界に触れる」のため、ラストでリナが世界の核心について悟りを開くような展開になるかもしれませんね。

 

さらに映画版では、自然に年を取った老人役で小林薫さんが出演することが分かっています。

人工的に不老不死となったリナと真逆の立場の老人が登場することで、物語にも深みが出るのではないかと考えられますね。

 

まとめ

映画『アークArc』と原作小説の大きな違いは、まだ情報が公開されていないため詳しくは分かりませんでした。

しかし主人公の女性の年齢が映画『アークArc』と原作小説で1歳違いがあるため、映画版では小説で書かれていない内容が描かれる可能性もあります。

さらに映画『アークArc』の結末ラストは、100歳以上まで生きたリナが世界の核心に触れる内容になるのではないかと予想できますね。

結末ラストの予想が当たっているかも気になるため、映画『アークArc』の公開が今から楽しみです。

コメント