ナウシカの王蟲モデルは虫?正体はダンゴムシなのか調査

風の谷のナウシカ王蟲は虫?モデルや正体はダンゴムシなのか調査 映画

スタジオジブリの名作アニメ、『風の谷のナウシカ』。

『風の谷のナウシカ』といえば王蟲(オーム)ですよね。

王蟲(オーム)の虫のようなビジュアルには、子どもの時に怖さを感じた方も少なくないのではないでしょうか?

王蟲(オーム)はダンゴムシやワラジムシ、最近で言うとダイオウグソクムシなんかに似ていますよね。

今回は「王蟲のモデルが虫、ダンゴムシなのか?そもそも王蟲の正体とは?」という部分を掘り下げて行きたいと思います。

王蟲(オーム)にはモデルが存在するのでしょうか?

王蟲(オーム)の正体についても、詳しく調査しています。

最後までぜひ、お楽しみくださいね!

 

映画『風の谷のナウシカ』の王蟲は虫?

映画『風の谷のナウシカ』の王蟲(オーム)。

王蟲(オーム)は、劇中では腐海を守る、紛れもない「虫」として描かれています。

 

ですが、『ナウシカ』の世界の虫は、通常の何十倍、何百倍、何千倍くらい大きくなっています!

どの虫も大きく、不気味に描かれますよね・・・

 

 

そんな中、ひときわ目立つのは王蟲(オーム)です。

 

王蟲(オーム)とは?

王蟲(オーム)は体調80メートル、体重は4トン、目は14個付いています。

人間にはわからない高度な伝達方法を持っており、優しく、いつもは温厚な王蟲(オーム)。

人間に害はないのですが、腐海に人間が近づき火を放ったり、自分の仲間が傷付いたりすると14個の目を全て真っ赤にし怒ります。

 

映画『風の谷のナウシカ』で、王蟲(オーム)と心を通わせることができるのはナウシカでした。

ここだけ見ても、王蟲(オーム)はただの大きな虫というわけではなさそうですね。

 

王蟲のモデルや正体はダンゴムシなのか調査

続いて、王蟲(オーム)のモデルをご紹介します。

 

王蟲(オーム)のモデル

王蟲(オーム)のモデルには、調べたところ3つの説がありました。

 

王蟲(オーム)のモデル説1:三葉虫

1つ目は、王蟲(オーム)が三葉虫をモデルにしているという説。

 

 

これは見た目が似ているから言われていると思います。

王蟲(オーム)は皮もとても硬く、脱皮した皮で人類は道具を作っていたりもします。

ダンゴムシよりは確実に硬度がありそうですよね。

 

それであれば、化石としての三葉虫の方が王蟲(オーム)のモデルとしては近いのかもしれません。

原作漫画を連載していたアニメージュという雑誌のインタビューで、宮崎駿さんが「王蟲(オーム)は三葉虫をモデルにした」という記述があるそうですが、どれだけ調べてみても確証は見つけることができませんでした。

 

王蟲(オーム)のモデル説2:モスラ

2つ目は王蟲(オーム)はモスラをモデルにしているという説。

モスラは『ゴジラ』シリーズに出てくる怪獣でして、こちらのモデルは蛾になります。

 

 

モスラが変態して成虫になる一方、王蟲(オーム)は小さな時からあのビジュアルであり、変態するわけではありません。

蛾は幼虫、蛹、成虫と変態していくので、王蟲(オーム)のモデルとしての印象は少し薄いかなと感じました。

しかし、宮崎駿さんがモスラを見たことがなかったという事はないはずなので、虫を大型にするという点で言えば影響を受けたかもしれませんね。

 

王蟲(オーム)のモデル説3:カタ・ジュタ

カタ・ジュタと言われてピンとくる方はかなり宮崎駿通かもしれません。

カタ・ジュタとはオーストラリアのオルガ山に位置する約22平方km、高さ約550mの岩の山になります。

 

 

ものすごく大きいですね。

オーストラリアのエアーズロックは有名ですが、こちらのカタ・ジュタもアボリジニの神話に登場する神聖な場所。

なぜ岩の山が王蟲(オーム)のモデルになっているかと言われているかと言うと、カタ・ジュタは宮崎駿監督が好きな場所だそうです。

 

まず、見た目ですが、横から見ている写真がネットで検索するとすぐ出てくるのですが、確かに王蟲(オーム)のように丸みを帯びた殻が連なっているように見えなくもないです。

また、このカタ・ジュタの近くには”風の谷”と呼ばれる場所が存在します。

ナウシカ達が住んでいた村も風の谷という名前でしたね。

 

ですが、この説は、2002年にジブリ側が否定している説なんです。

ちなみに、『千と千尋の神隠し』の湯屋がある街並みを台湾の九份がモデルだと言う説もありました。

しかし、これもジブリ側が正式に否定していますよね。

実際に私は、台湾旅行の際に九份に立ち寄りましたが、確かにそっくりでモデルだと言われてしまう理由もわかります。

このようにジブリのモデル説は何かと公式が否定してくるので、なんとも言えませんね。

それにしても宮崎駿監督が好きな場所の近くに”風の谷”と言う場所があって、岩もそう見えなくもないとなると・・・

何か『ナウシカ』や王蟲(オーム)と、関係はありそうですよね。

 

王蟲(オーム)の正体は?

ところで、そんな王蟲(オーム)ですが、正体は何なのでしょうか?

映画では王蟲(オーム)は「腐海を守る虫」としてしか描かれませんが、実は原作では違います。

原作では、王蟲(オーム)の正体について重要な真実が語られているんです。

 

原作では、王蟲(オーム)は世界を浄化する腐海を守るために作られた人工生物として描かれています。

腐海、瘴気、世界の浄化については以前の記事に簡単にまとめてありますので宜しければこちらを参照してみてくださいね!

これで火の七日間以後の人類にはわからない伝達機能についても納得がいきますね。

 

まとめ

以上『風の谷のナウシカ王蟲は虫?モデルや正体はダンゴムシなのか調査』をお届けしました。

いかがでしたでしょうか。

『風の谷のナウシカ』王蟲(オーム)のモデルや正体について楽しんで頂けたでしょうか?

王蟲(オーム)がダンゴムシではないのは意外でしたね。

ダンゴムシを見ると王蟲(オーム)を思い浮かんでしまう条件反射がある私にはびっくりでした!

王蟲(オーム)の正体について、そして『ナウシカ』の人類の運命について気になる方は、是非原作を読んで頂きたいです!

そして、2020年12月25日は皆さんでテレビで王蟲(オーム)を応援しましょう!

最後までありがとうございました。

コメント