ホットママのネタバレ結末は?原作中国ドラマから調査!

ホットママ(ドラマ)あらすじネタバレは?原作中国ドラマの結末は? ドラマ

Amazonのオリジナルドラマとして放送が決まった『ホットママ』。

日本版の『ホットママ』は、西野七瀬さんが主演、ヒロインを気にかけているお相手は千葉雄大さんと発表されました。

今から放送が楽しみですね。

『ホットママ』の原作は、中国ドラマ『辣媽正傳』と言うことも分かっています。

放送前ですが、今からネタバレになっても結末が気になりますよね。

そこで、今回はホットママのネタバレや原作である中国ドラマの結末について調べてみました。

 

ホットママ(ドラマ)あらすじネタバレは?

それでは、ドラマ「ホットママ」のあらすじを簡単に紹介していきます。

 

ホットママのあらすじは?

ホットママ(ドラマ)の主人公は、アパレル会社の第一線で働く西野七瀬さん扮する松浦夏希です。

ファションデレクターを目指す松浦夏希は、突然新しく立ち上がったベビー部門で働くことになります。

完璧主義の上司の元で、ハードに働く松浦夏希。

そんな松浦夏希は大学時代の同級生である千葉雄大さん扮する三村元哉と再会、うっかり関係を持ってしまいます。

 

 

三村元哉との一夜はなかったことにしたかった松浦夏希でしたが、妊娠していることが分かります。

仕事を頑張りたい松浦夏希は、子供を諦めることを決意しました。

しかし、もともと松浦夏希のことが好きだった三村元哉は中絶書へのサインを拒否、育児も家事も自分がするので産んでほしいと土下座します。

 

 

最終的に出産を決意した松浦夏希でしたが、育児の大変さ、産後の仕事復帰の難しさ、突然の元カレの登場など怒涛の展開が続いていきます。

乃木坂46でセンターを務めたこともある西野七瀬さんのママ役、今から楽しみですよね。

 

ホットママ(ドラマ)の原作中国ドラマの結末は?

それでは、『ホットママ』の原作である中国ドラマについて紹介していきます。

 

ホットママの原作である中国ドラマとは?

原作の中国のドラマは、原題が『辣媽正傳』、英語では『HOT MOM!』という作品です。

2013年に放送され、『后宮 甄環伝(宮廷の諍い女)』に出演されたことでお馴染みの孫儷(スン・リー)さんが主演でした。

 

 

日本でもファンの多い孫儷(スン・リー)さんは、とても美人な方ですよね。

他にも『温州一家人』に出演していた張譯(チャン・イー)さん、台湾の人気俳優 明道(ミン・ダオ)さんが出演いています。

中国ドラマ『辣媽正傳』は中国で大ヒットし、社会的ブームになりました。

 

ホットママ(ドラマ)の原作『辣媽正傳』結末は?

中国ドラマ『辣媽正傳』の結末は、主人公、子供、夫、さらに主人公達の親が幸せに過ごすというハッピーエンドのようです。

ただAmazonオリジナルドラマ『ホットママ』と中国ドラマ『辣媽正傳』の結末は、少し異なるものになる可能性が高いと予想します。

予想の理由を紹介していきますね。

 

そもそもAmazonオリジナルドラマ『ホットママ』は全12話です。

しかし原作の中国ドラマ『辣媽正傳』の全38話のため、原作の内容が大幅にカットされる可能性があります。

さらに中国ドラマ『辣媽正傳』では主人公は夜遊び好きで酒豪という設定があるのですが、今のところ松浦夏希にはそのような設定はなさそうですよね。

また主人公の夫と元カレとは友人同士で、元カレが留学に行っている間に過ちがあったようです。

Amazonオリジナルドラマ『ホットママ』では、予告を見る限り主人公と元カレは仕事関係の繋がりのようなので設定が大きく変わっていると思います。

そして中国ドラマ『辣媽正傳』では、主人公達の親たちも物語に大きく関係しているようですが、Amazonオリジナルドラマ『ホットママ』の方は親役のキャストの発表もないですよね。

総合的に考えると、最終的には主人公、子供、夫で幸せに暮らすと思うのですが、原作とは少し異なる展開になりそうです。

 

これは、実際にAmazonオリジナルドラマ『ホットママ』を見て確かめるしかありませんね。

 

まとめ

今回は、「ホットママのネタバレ結末は?原作中国ドラマから調査!」と題してドラマ『ホットママ』のネタバレ結末を紹介していきました。

『ホットママ』では、突然の妊娠に戸惑う主人公とそれを取り巻く家族や仕事関係者のドタバタが楽しめそうです。

また原作の中国ドラマ『辣媽正傳』とは、ネタバレ結末が異なる可能性もありますよ。

ネタバレを見て原作の中国ドラマ『辣媽正傳』の結末が気になった方は、先に原作を視聴するのもおすすめです。

結末の気になる『ホットママ』の放送が今からの楽しみですね。

コメント