大沢たかおのキングダムの笑い方やひげに注目?演技の評判は?

大沢たかおのキングダムの笑い方やひげに注目?演技の評判は? 映画

2018年公開の映画「キングダム」。

もうご覧になりましたか?

 

映画「キングダム」は古代中国の春秋戦国時代を舞台とした、歴史エンターテイメント超大作!

ヤングジャンプで連載中の漫画、「キングダム」の実写化です。

 

漫画の実写化、となると気になるにはその世界観の再現度。

古代中国とはスケールが大きく、難しい題材なはずですよね。

 

しかし、映画「キングダム」はその再現度が高い!と大人気なんです!

中でも、大沢たかおさんが演じるキャラクター、王騎の再現度が高いとか。

 

筋肉やひげといったビジュアル面だけでなく、特徴的な笑い方など、大沢たかおさんの凝った演技にも注目が集まっているようですよ。

 

大沢たかおさん演じる王騎はどんな笑い方をするんでしょう?

王騎の三股に分かれたひげって?

 

気になりますね!

 

この記事では、映画キングダムの大沢たかおさん演じる王騎の笑い方、ひげのビジュアルや演技の評判について調べていきます。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

 

大沢たかおのキングダムの笑い方やひげに注目?

大沢たかおさんは1987年デビューのベテラン俳優。

映画「キングダム」は2年にもわたる俳優休業後、初めての映画出演です。

 

復帰後初の映画作品とあって、大沢たかおさん本人にも気合いが入ってたようですね。

 

王騎の特徴的な笑い方「ンフ」を見事に再現!

映画「キングダム」で大沢たかおさんが演じたのは、大将軍の王騎。

王騎はとにかくインパクトの強い役。

 

神出鬼没でありながら、カリスマ性の高い戦い方をする大将軍です。

漫画版の王騎は唇が分厚く、腰に手を当て「ンフフフ」と笑う濃いキャラなんです。

かなり変わっていますよね。

歴史漫画の登場人物ならまだしも、実写でこれを再現すると、どうしても面白くなってしまいそうです。

 

この難しい役を、大沢たかおさんはどのように再現したんでしょうか?

それまでの大沢たかおさんは「爽やか」とか「スマート」な印象ですが…。

 

どうやら映画「キングダム」では、そういったイメージを封印しているようなんですよ。

王騎の特徴的な笑い方について、大沢たかおさん本人は「一番難易度の高いもの」と話しています。

王騎の「ンフ」という笑い方は、「イメージ通りに声に出してやると女性的になってしまう。」のだそう。

「一歩間違えると変質者っぽくなる」ため苦労したとか。

 

確かにあのビジュアルで「ンフ」の笑い方は…。

 

しかし、どういう演技が正解なのかも難しいところです。

 

原作の世界感を大切にしたいけれど、茶化したくないという大沢たかおさんの真摯な役作りの姿勢がうかがわれます。

 

きっと個性的な王騎を演じるプレッシャーも相当なものだったのでしょう。

様々な方面から、難しい王騎の役にアプローチしていったんですね。

 

特徴的なひげや筋肉で王騎のビジュアルに近づけた!


また、大沢たかおさんは王騎のビジュアルの再現にもこだわっています。

 

大沢たかおさんは王騎のキャラクターについて「『キングダム』のある種象徴みたい」と語っています。

王騎は物語の前半でいなくなってしまうのですが、「ずっと心に残るキャラクターであること」であることに着目したんだそうです。

 

どちらかというと、大沢たかおさんは細身な印象です。

公式プロフィールでは身長は182センチで体重は75kg。

 

それに対し、王騎は身長2メートル超えの巨漢。

身長を伸ばすことはできないので、筋肉をつけて少しでも体を大きく見せようと苦労したんだそう。

 

王騎を演じるために、三食をステーキを食べて15㎏増量したとのことです。

さらにプロテインを飲みまくり、筋肉を増やして王騎の体づくりを行ったとか。

凄まじい俳優魂です!

 

そして王騎の象徴となるのは特徴的な三股に分かれるひげ。

 

おそらくつけひげですよね。

こちらはより漫画の世界を忠実に再現していると言えそうです!

 

映画「キングダム」を観た人々からも、王騎のひげは「漫画ぽい」「忠実」との声が上がっているようですよ。

好評なようですね。

 

見事に役作りのハードルを乗り越えて、大沢たかおさんは王騎の演技を完成させていきます!

 

演技の評判は?

これまでの大沢たかおさんの演技の印象って、「優しい」「スマート」「イケメン」というイメージが強くありませんでしたか?

 

主演したドラマ「仁」の南方先生など、ひたむきで優しい演技が魅力的でした。

 

しかし映画「キングダム」では、今まででは考えられないような個性的なビジュアルと、クセの強い演技を披露。

 

では、大沢たかおさんの王騎の演技はどのような評判なんでしょうか?

ツイッターのファンの感想はこんな感じです。

 


やっぱり好評なようですね!

漫画の実写化にも関わらず、「なんか違う」との声はほとんど聞こえてきません。

 

それだけ大沢たかおさんの演じる王騎が説得力のあるキャラクターになっているんでしょうね!

映画「キングダム」の王騎は、大沢たかおさんの狙い通り、人々の心に残るものとなったようです。

 

しかも映画「キングダム」の出演を終えた大沢たかおさんは体型を元に戻していないそうなんですよ。

もしかして、映画「キングダム」の続編に王騎として出演するためでしょうか?

ファンの中では期待が高まっているようですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、映画「キングダム」で王騎を演じた、大沢たかおさんの笑い方やひげ、演技に着目して検証してきました。

 

最後に簡単にまとめますね!

  • 大沢たかおさんが映画「キングダム」で演じた役は大将軍の王騎。
  • 大沢たかおさんは王騎のひげのビジュアル、特徴的な笑い方を見事に再現!
  • 王騎の印象的な演技も高く評価されている!

 

映画「キングダム」で新境地を開拓した大沢たかおさん。

漫画の人気キャラを演じるのは、相当なプレッシャーがあったことでしょう。

個性的な王騎のキャラクターを見事に演じ切り、絶賛されています!

もし映画「キングダム」の続編があるとしたら、ぜひまた大沢たかおさんに王騎を演じてほしいですね!

映画「キングダム」をまだ観ていない方は、大沢たかおさんの王騎の役作りに注目してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント