麒麟がくる駒の薬は正露丸?芳仁丸がモデルになってる?

麒麟がくる駒の薬は正露丸?芳仁丸がモデルになってる? ドラマ

長谷川博己さんが主演を務める大河ドラマ、『麒麟がくる』。

今後の展開が楽しみですね。

 

ストーリーの展開に重要な役割を与えているのが、駒が作っている丸薬の芳仁丸。

駒の芳仁丸は「必ず戦いから生き延びられる」と言われる不思議な丸薬です。

この芳仁丸という丸薬、何かに似ている気が……。

 

そう、正露丸に似てますよね!

SNSでは「芳仁丸は正露丸にしか見えない」なんて声も。

今回は、『麒麟がくる』に出てくる駒の芳仁丸は正露丸なのか調べていきます!

また、正露丸のモデルは芳仁丸なのかも調べていきますね。

もしかしたら意外な共通点があって、芳仁丸が正露丸のモデルになったのかもしれません!

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

麒麟がくる駒の薬は正露丸?

まずは駒の丸薬、芳仁丸について、簡単に紹介していきますね!

 

駒の芳仁丸とは?

『麒麟がくる』には芳仁という老人が登場します。

芳仁は「どんな病にも効く」と言われる謎めいた薬を作っていて、一見怪しいのですがその薬の効果は絶大だと評判で、信頼されている人物です。

芳仁の薬の効果を信じる駒は、芳仁から芳仁丸の作り方を教わります。

芳仁丸は病に効くだけではなく幸せをも呼び込み、駒の運命は大きく変わっていくんです。

 

さて、不思議な力を持っているとされる芳仁丸は正露丸なのでしょうか?

可能性を探っていきます。

 

「芳仁丸は正露丸?」という声多数

芳仁丸について、SNSでは以下のような声が。

正露丸だという声が多いですね。

 

本当に正露丸なのか、まず見た目から検証していきます。

若干大きい気もしますが正露丸にそっくりです。

「正露丸に見える」という声も分かる気がしますよね。

 

本当に芳仁丸は正露丸?

結論から言うと、1500年代に正露丸はまだ生まれていなかったので、芳仁丸は正露丸ではないようです。

ちょっと残念ですよね……。

 

「戦場では食料の問題で武士たちは腹痛に悩まされる」と言われることがあります。

芳仁丸は腹痛にも効く丸薬なので、芳仁丸=正露丸と言われるのかもしれません。

さらに、芳仁丸は「必ず戦いから生き延びられる」という不思議な力を持っています。

腹痛を治す薬・芳仁丸は、その効き目ゆえ、『麒麟がくる』の舞台となる1500年代では、「必ず戦いから生き延びられる」という神話を生んだと考えることもできるかもしれませんね!

 

続いて、正露丸のモデルが芳仁丸だった可能性について紹介していきます!

 

正露丸は芳仁丸がモデルになってる?

まず、正露丸と芳仁丸の効能をより詳しく紹介し、比べていきます。

 

正露丸と芳仁丸の効能詳細

正露丸の効能

下痢、消化不良による下痢、食あたり、はき下し

水あたり、くだり腹、軟便、腹痛を伴う下痢、むし歯痛

 

芳仁丸の効能

腹痛、頭痛、うちみ

その他ほとんどの病に効く

必ず戦いから生き延びられる

 

共通しているのは腹痛のみですね。

別の視点から比べていきますね!

 

正露丸は芳仁丸がモデル?

調べた結果、意外にも正露丸と芳仁丸にまつわるエピソードは似ていました!

 

日露戦争で病に苦しんでいた兵士が正露丸を服用しています。

その結果、正露丸は多くの兵士を救い、生き延びさせたと言われているんです!

さらに、正露丸が生まれた当初は不思議な丸薬とされていたんだそう。

 

芳仁丸も不思議な丸薬とされていますよね。

武士を戦から生き延びさせたというエピソードも似ています。

 

ですが、芳仁丸は架空の丸薬のようです……。

「正露丸のモデルは芳仁丸」というよりは、「芳仁丸のモデルは正露丸」だと考えられるかもしれませんね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「麒麟がくる駒の薬は正露丸?芳仁丸がモデルになってる?」と題してお届けしました。

最後にもう一度まとめますね。

  • 大河ドラマ『麒麟がくる』に出てくる駒の丸薬・芳仁丸について「正露丸に似ている」という声が多くある。
  • 『麒麟がくる』の舞台となる1500年代には正露丸はまだ生まれていなかったので芳仁丸が正露丸の可能性はない。
  • 芳仁丸は架空の丸薬なので正露丸のモデルになった可能性は低いと言える。

 

駒の芳仁丸が『麒麟がくる』の物語の中で、どのように重要な役割を果たすのか楽しみですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント