ナイル殺人事件の映画ロケ地はエジプトのどこ?ホテルや豪華客船についても調査

ナイル殺人事件の映画ロケ地はエジプトのどこ?ホテルや豪華客船についても調査 映画

2021年公開予定になっている映画『ナイル殺人事件』。

何度公開日が変わったことか、楽しみにしていた方待ちわびているでしょう。

今回はその『ナイル殺人事件』のロケ地について、ご紹介をしていきます。

公開日はまだ明確に決まっておりませんが、現在特報トレイラー映像とポスターとビジュアルが3枚程公開になり、エジプトでのシーンや、豪華客船、ホテルのような場所が確認できます。

これらの情報と、原作や1978年公開の映画『ナイルに死す』を同じく原作とする『ナイル川殺人事件』から、ロケ地を予想をしていきたいと思います!

エジプトのロケ地や豪華客船は本当に存在するのか?実際にホテルを使用しているか等、情報が増えれば追記もしていきますね。

それではいきましょう!

 

ナイル殺人事件の映画ロケ地はエジプトのどこ?

実際にはまだ何も情報が明かされていないケネス・ブラナーよるエルキュール・ポアロシリーズ第2作目、2021年版『ナイル殺人事件』。

このアガサ・クリスティによる原作、実は既に1度映画化されています。

 

それが、1978年公開の『ナイル殺人事件』。

今作と同名の映画なんです。

 

1978年公開バージョンは、原作の雰囲気を忠実に再現するために実際にエジプトロケを敢行しました。

 

そして、ケネス・ブラナーよるエルキュール・ポアロシリーズ前作『オリエント急行殺人事件』では、セットが緻密に造形されており、尚且つ列車の外に写る景色はCGではなく、流れる景色をスクリーンに投影する昔ながらの撮影法で制作されています。

 

列車が疾走シーンにCGは使われてはいましたが、おそらく今回も美術、背景にこだわりを見せてくるはずです。

実際にロケに行きシーンを撮影している可能性は十分にありますね!

 

略奪婚を成功させ、エジプトに新婚旅行をすることとなったドイル夫妻。

それでは実際にその足取りを追っていきましょう!

 

エジプトの三大ピラミッド、スフィンクス

原作では、ドイル夫妻は新婚旅行でピラミッドに登ったり、スフィンクスを見たりとまず観光を楽しみます。

ということで、まずはエジプトの首都ギザと三大ピラミッド、そのピラミッドを守るスフィンクスが登場することは間違い無いでしょう。

 

 

こんなにピラミッドって都市に近い場所にあるのですね、びっくりです!

撮影によってピラミッド周辺を貸し切った話はまだリークされていないので、登ったかどうかまではわかりませんね。

特報トレーラー映像には三大ピラミッドがチラッとだけ映っていますね!

 

カルナック神殿とアブシンベル神殿

まだ歴史的建造物は出てきます。

カルナック神殿アブシンベル神殿

写真を見れば見たことある方が多いであろう観光地です。

 

 

カルナック神殿はこの”スフィンクスの道”と呼ばれる両側にスフィンクスが並ぶ道があります。

ルクソー神殿という神殿に続く道だそうです、絵になりますね!

カルナック神殿は1平方キロメートルにも渡る古代宗教遺跡、見応えもありそうです。

 

アブシンベル神殿は、、、

 

 

これです!!!

エジプトと言えばピラミッド、スフィンクス、そしてこれ!!って感じがするのは私だけでしょうか。

とにかく建造物全てのスケールの大きさに驚かされます。

 

ナイル川

今回の主な舞台となるナイル川

このナイル川を下る豪華客船という密室で事件が起こります。

 

 

この青で囲っている部分、ここに走っている長い川がナイル川です。

長いなんてもんじゃ無いですね、5,760kmあるそうです、、

この水源のおかげでエジプトは栄えたのですね。

このナイル川ですが、移動手段として小型のボートも使われるそうですが、その中でも一際目を引くのが、この帆がついたボート。

 

 

ファルーカやフェラッカと呼ばれるこのボート。

ナイル川にたくさんこの帆が浮いているのはとても綺麗そうですね。

特報トレーラーにもボートの船底から撮っているようなシーンがありましたし、次代設定の1930年頃でも実際に使用されていたので登場するかもしれませんね。

 

ホテルや豪華客船についても調査

では、外観を見てきましたので、次は詳細の部分、ホテルや豪華客船へと話を移します。

 

舞台となったホテルは?

原作小説『ナイルに死す』は、アガサ・クリスティが実際にエジプトで書き上げたもの。

その時に宿泊していたホテルが数件あり、今でも使われています。

ナイル川沿いの宮殿のようなホテル、オールド・カタラクトはその1つです。

 

 

こちらはストーリーの舞台にもなっています。

また実際に執筆がされた部屋も”アガサ・クリスティールーム”となって現在でも使われています。

ファンにはたまらないですね、こちらも映画で見せて欲しいところですね。

 

他にもアガサ・クリスティが執筆時訪れたというホテルが2つ。

ソフィテル・ウィンターパレス・ホテルとマリオット・メナ・ハウス・ホテル

 

 

こちらももしかするとアガサ・クリスティファン向けにイースターエッグとして登場するかもしれません。

 

豪華客船は?

皆さんお待ちかねの豪華客船ですが、その名もカルナック号

78年の同名映画ではスーダン号という実際の船をモチーフにカルナック号が描かれました。

 

 

ビジュアルとして公開された1枚に、白い風船を床に敷き詰めてピアノを弾いてパーティをしているシーンがありますが、おそらくあれが今回のカルナック号ではないでしょうか?

『オリエント急行殺人事件』でも客室内や食堂車、とても美術に凝っていましたので今回のカルナック号船内には期待が高まります。

どんな船内を見せてくれるのでしょうか。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

映画『ナイル殺人事件』のロケ地、エジプトの首都ギザ周辺やホテルに豪華客船、楽しんで頂けましたか?

まだ、特定するには情報が少ないところが多いので映画『ナイル殺人事件』の公開前に、続報があれば追記させて頂きます。

それにしてもエジプト、こんな場所なんですね、色々ロケ地になるであろう場所を調べてみましたがリゾート地ですね、とても綺麗な場所です。

こんなエジプトで豪華客船に乗って、ラグジュアリーなホテルに泊まって新婚旅行、羨ましい。

まあ、事件に巻き込まれるのはごめんですけどね。

それでは公開までまだ長そうですが、皆さんと盛り上がりつつ待ればなと思います!

今回も最後まで読んで頂きまして、有り難うございました。

コメント