ジャックニコルソンの現在と若い頃は?演技力が光るおすすめの名作は?

ジャックニコルソンの若い頃と現在は?演技力が光るおすすめの名作は? エンタメ

2019年にリメイク版が上映された、名作映画「シャイニング」。

主演のジャック・ニコルソンの、狂気に満ちた演技が有名ですよね!

 

一度見たら二度と忘れられない、個性的な風貌と、類まれなる演技力。

今回は、そんな個性派俳優、ジャック・ニコルソンについてご紹介します!

 

レオナルド・ディカプリオと似てる!と話題の若い頃と、現在の比較画像もご用意しましたので、ぜひお楽しみください。

また、若い頃から現在に至るまで、ジャック・ニコルソンの演技力が光る名作もご紹介していきますね。

 

ジャックニコルソンの現在と若い頃は?


画像引用元:https://twitter.com/mojayorozuya/status/1185182938016575489?s=21

ジャック・ニコルソンはアメリカ出身の俳優。

1960年代から現在に至るまで、数多くの作品に出演しています。

 

83歳!バスケ観戦が大好きなジャック・ニコルソン

1937年生まれのジャック・ニコルソンは現在、83歳。(2020年10月現在)

 

実は、ジャック・ニコルソンは2010年に引退宣言をしていて、現在は俳優業はあまり行っていません。

しかし、毎年のように、ジャック・ニコルソンが目撃される場所があるんです。

それは、NBAの試合会場!

 

実は、ジャック・ニコルソンは以前からNBAが大好きで、大のレイカーズファンなんです。

画像引用元:https://twitter.com/dj__gandhi/status/1274139367494127616?s=20

セレブなので、いつでも最前列で観戦!うらやましい!

80代ですので、年齢相応ですね。

若い頃もどちらかというと老け顔だったので、あまり時間の経過を感じさせませんね。

「激太り」が報じられたこともありましたが、俳優は引退しているので、あまり気にしてなさそう。

元気そうで何よりです!

 

若い頃がレオナルド・ディカプリオに似てる!?

続いて、ジャック・ニコルソンの若い頃の写真をご紹介していきますね。

名優と言われるジャック・ニコルソンですが、実は下積み期間がとても長く、若い頃は苦労したようです。

こちらの写真は、ジャック・ニコルソンを一躍有名にした映画「イージー・ライダー」の時のジャック・ニコルソン。


飲んだくれの弁護士を演じました。

 

当時ジャック・ニコルソンは32歳。

年齢より大人っぽく見えますね。

はー・・・やっぱりセクシーですよね!

 

そんなジャック・ニコルソンの若い頃が、俳優のレオナルドディカプリオと似ている!と話題になっているんです!

 

現在レオナルドディカプリオは45歳。

同じくジャックニコルソン40代の写真を探してみました!

「カッコーの巣の上で」の44歳のジャックニコルソンです。

画像引用元:https://twitter.com/1632bdkrst/status/839699542706573312?s=20

そしてレオナルド・ディカプリオ。


画像引用元:https://twitter.com/lalaland_japan/status/1165996696418938880?s=21

たしかに、額の形とフェイスライン、さらに眉の形もよく似ています。

しかも、レオナルドディカプリオはジャックニコルソンのモノマネを持ちネタにしているようなんです!

 

ジャック・ニコルソンの物真似をするレオナルド・ディカプリオ。

おちゃめですね!

しかもそっくり!

 

演技力や魅力が光るおすすめの名作は?

ジャック・ニコルソンは今までに12回アカデミー賞にノミネートされ、3回受賞しています。

まさに名優ですね!

 

そんなジャック・ニコルソンの演技力が光る、おすすめの名作をいくつかご紹介します。

 

カッコーの巣の上で(1975年)

ジャック・ニコルソンが演じるのは、罪を犯した受刑者、マクマーフィー。

刑務所での奉仕労働を免れるため、精神病を装って、精神病院に入院します。

マクマーフィーは患者の人間性まで統制しようとする精神病院に反発し、他の入院患者とともに、自由を勝ち取ろうと闘います。

 

精神病院という奇抜な環境設定なので、そちらに目が行きがちなんですが、この映画を観た後に残るのは、温かい気持ちと生きる勇気。

マクマーフィーと入院患者たちの心温まる交流を通して、人間が人間らしくいられることのすばらしさを感じさせてくれます。

 

そして、若いジャック・ニコルソンのエネルギッシュな演技が、かっこよすぎる!

感動的なラストに、ぐっとくること間違いなしですよ。

 

シャイニング(1980年)

映画「シャイニング」のこちらの有名なジャケット写真を、見たことがある方は多いのでは?

豪雪地帯のため、冬の間は閉鎖される豪華なホテルの管理を任された、ジャック・ニコルソン演じる小説家のジャック。

このホテルでは、精神に異常をきたした前任の管理人が、一家を惨殺するという事件が起こりました。

 

豪華なホテルで家族水入らず、穏やかに過ごすジャック一家。

ですが、次第にジャックの様子がおかしくなっていき…。

 

映画「シャイニング」には、狂人を撮らせたら右に出るものがいない、スタンリー・キューブリック監督のこだわりがいっぱい。

左右対称な画面アングル、不気味なライティング、不穏な音楽、突然の無音…。

挙げ始めたらキリがないんですが、何といっても一番の見どころはジャック・ニコルソンのキレッキレの狂人演技。

画像引用元:https://twitter.com/zoffy_ueda/status/422726492431196161?s=20

めちゃくちゃ怖いんですが、謎の中毒性があるんですよね!

ホラー初心者の方にもおすすめです。

 

ディパーテッド(2007年)

先ほど似てる!とご紹介した、レオナルド・ディカプリオとの共演作品。

マフィアに潜入した警察官(レオナルド・ディカプリオ)と、警察に潜入したマフィア(マット・デイモン)のスリリングな闘争が描かれます。

ジャック・ニコルソンが演じるのはマフィアのボス・コステロ。

 

レオナルド・ディカプリオを潜入捜査官ではないかと疑い、尋問する場面の怖さは異常です…。

「仲間の中に、裏切り者のネズミがいるな?」とネズミの顔真似をするコステロ。

画像引用元:https://twitter.com/noldenonsense/status/1264846361159065602?s=20

ひー!怖いですね。

どこからどう見ても、マフィアのボスにしか見えません。

 

ジャック・ニコルソンは、他にもハートフルな作品にも多く出演しているんですが、やっぱり悪人の演技がピカイチ!

「ディパーテッド」での存在感は特に凄すぎますよ。

 

ジャック・ニコルソンの凄さが分かる!天才的な役作り

ご紹介してきた通り、ジャック・ニコルソンはエキセントリックな演技が光る、名俳優。

そんなジャック・ニコルソンの、天才的な役作りをご紹介しますね。

 

ジャック・ニコルソンは1986年公開の映画「バットマン」で、ジョーカーを演じています。

ジョーカーと言えば、その後ヒース・レジャーが演じたり、昨年大ヒットした映画「ジョーカー」では、ホアキン・フェニックスの演技も記憶に新しいですよね。


ヒースやホアキンのジョーカーは、普通の人間がジョーカーへと堕ちていく様子が、悲しげに描かれるのが特徴的です。

 

ジャック・ニコルソンのジョーカーの演技はどちらかというと、コミカルな感じ。

ヒースやホアキンの人間的な悲しさを抱えたジョーカーとは、また異なったものになります。

 

人間味はなくとにかく凶悪で、アメコミの原作に忠実な役を、作りこんでいるんです。

映画「バットマン」を監督したティム・バートンは、「ジャック・ニコルソンのジョーカーは完璧以上だった」と、その天才的な役作りをべた褒め!

 

そして、後のジョーカーだけでなく、他の俳優の「悪人演技」に、影響を与えたことは間違い無いですね。

 

決してイケメンではないんですが、細かいしぐさや表情から、観る者に強烈なインパクトを残す、ジャック・ニコルソン。

その役作りのセンスはもはや、天才の域なんです!

 

まとめ


いかがでしたか?

この記事では、名作に多く出演する、俳優ジャック・ニコルソンの若い頃と現在の比較、そして凄すぎる演技力についてご紹介してきました。

ジャック・ニコルソンの若い頃は大人っぽくてセクシー、そしてレオナルド・ディカプリオに似ていましたね!

ジャック・ニコルソンの素晴らしい演技力と役作りは、名作「カッコーの巣の上で」、「シャイニング」などで楽しめます。

 

役に対して誰よりも真剣で、努力を惜しまないジャック・ニコルソン。

現在はあまり本数はこなしていませんが、まだまだ、楽しませてほしいところです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント