アベノマスク寄付するなら送料いくら?郵送する際の注意点はある?

配布マスク寄付するなら送料いくら?寄付する際の注意点はある? トレンド

今回は「アベノマスク寄付するなら送料いくら?郵送する際の注意点はある?」と題してお届けします。

政府からの配布マスク、通称アベノマスクが届き始ましたが、緊急事態宣言も解除されたし、マスクはサイズが違うし要らないという方も多いようですね!

様々な自治体や団体が配布マスクの寄付を呼びかけていますが、どうやって寄付したらいいの?という声も聞かれています。

 

配布マスク寄付を呼びかけているところは、送る人が送料を支払うようにお願いしているため、直接持っていくこともできます。

しかし、ほとんどの場合が郵送となるため、送料がいくらかかるのかが気になりますね!

どのように送った方がいいのか注意点をまとめましたので、最後までご覧ください。

 

アベノマスク寄付するなら送料いくら?

まずは、配布マスクの郵送方法についてご紹介します。

配布マスクの重さは35グラム前後。

郵便物を発送する際の【25グラム以下】は超えてしまっていますので、【50グラム以下】の重さで発送しなければなりませんね。

定型郵便と定形外郵便で送料は変わってきますので、それぞれに分けてご紹介します。

 

郵便物50グラムの送料
  • 定型郵便…94円
  • 定形外郵便(規格内)…120円

 

定形郵便か定形外郵便かは、「サイズ」と「重さ」によって決まります。

今回送るアベノマスクの重さは決まっているので、封筒の「サイズ」によって送料が変わってくることになりますね!

 

定型郵便と定形外郵便の違いは?

日本郵便のホームページで確認すると、以下のようなサイズになるようです。

 

日本郵便HPより引用

使用する封筒によって変わってくるようですが、少しでも安く送りたいですよね!

定型郵便物の封筒に入ればいいのですが、パンフレットが入らないようです。

パンフレットを中から取り出して、マスクだけ送れば94円で済みますね。

ですが、寄付先によっては様々注意点があるようですので、確認しておきましょう!

 

切手代や郵送する際の注意点はある?

全国で様々な寄付先がありますが、ほとんどのところが未開封の新品マスクでないと受け付けていないようですね。

一度マスクを開けてしまうと、使ってもらえないことになります。

全くの新品であることを認識してもらうには、パンフレットも一緒に送ってしまうのも一つだと思います。

そうすると、送料は120円かかります。

送料だけではなく、封筒や箱などの梱包材にかかる費用は寄付者の負担ということですね。

実際に寄付された方の情報をご紹介します!

 

寄付した人のSNSの声

 

まとめ

政府の配布マスク、アベノマスクを寄付するなら送料がいくらかかるのか、また郵送する際の注意点についてご紹介しました!

切手代としては、マスクのみ郵送するなら94円、パンフレットも一緒に送るなら120円です。

料金と手間はかかってしまいますが、今はマスクを必要としている施設や医療機関もまだまだ多いですので、もし使うご予定がない場合はぜひ寄付してみて下さい

そして寄付することも一つですが、配布マスクを分解して、リメイクすることもおすすめですよ。

本ブログでご紹介している大人用の簡単プリーツマスクも作れますので、気になる方はこちらからどうぞご覧ください☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメント