罪の声は実話でネタバレは?子供の声は誰で内容も紹介

罪の声は実話でネタバレは?子供の声は誰で内容も紹介 映画

2016年「週刊文春」ミステリーランキングで年間ベスト1となった塩田武士の小説。

その小説を原作にした映画『罪の声』が2020年10月30日に公開されました!

映画.comアクセスランキングでは、2位にランクインするなど注目されている作品です。

 

そんな映画『罪の声』ですが、グリコ森永事件がモデルになっています。

どこまでが実話の内容になっているのか、気になりますよね(^^)

 

また、ネタバレや子供の声が誰なのか、そして気になる「キツネ目の男」についても調査しました!

この記事では、映画『罪の声』の実話やネタバレ内容について、また子供の声が誰なのか、キツネ目の男についてもまとめています。

 

罪の声の内容について

まずは、映画「罪の声」の内容を、ご紹介していきますね。

平成という1つの時代が終わりを迎える頃、新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、特別企画班の一員に抜擢。

そこは、昭和の未解決事件を追う班であり、事件の真相を求めて取材を重ねる日々を送っていました。

 

一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革の手帳を見つけます。

このカセットテープを再生すると、聞こえてきたのは、自分の幼い頃の声。

それは、35年前に起こり、未解決のまま時効となった「ギン萬事件」に使われた録音テープの音声と同じものだった・・

曽根は、自分の家族がどのくらい事件に関わっていたのか、調べるようになります。

 

阿久津もまた、昭和の未解決事件を追う班に配属されたことで、時効の切れたギン萬事件を追いかけるように。

曽根と出会い、行動をともにするようになります。

 

グリコ・森永事件

映画『罪の声』は、実際に起こったグリコ・森永事件をモデルにしています。

作品の中では、名前を変え「ギン萬事件」と出ていますが、これがグリコ・森永事件のこと。

1984年と1985年に、日本の阪神間を舞台に食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件です。

警察庁広域重要指定114号事件とされていて、犯人が「かい人21面相」と名乗ったことから、かい人21面相事件などとも呼ばれています。

 

最初は、単なる誘拐事件と思われていたものの、大手食品会社が次々と脅迫。

実際に、シアン化ナトリウム入りの食品がばら撒かれるなど、打撃はかなり大きいものでした。

2000年、愛知青酸入り菓子ばら撒き事件の殺人未遂罪が時効になり、すべての事件の公訴時効が成立。

この事件は完全犯罪となり、警察庁広域重要指定事件では初の未解決事件となりました。

 

罪の声は実話だった?ネタバレ内容

本作品はフィクションとなっているものの、これらの内容は、実話をもとに再現しています。

  • グリコ・森永事件の発生日時
  • グリコ・森永事件が発生した場所
  • 犯人グループの脅迫・挑戦状の内容
  • その後の事件報道について

そのため、映画『罪の声』で描かれる犯行も、実話をモデルとしていると考えられます。

 

★ここからは映画『罪の声』のネタバレになります!★

 

曽根俊也(星野源)は、自分の家族がどのくらい事件に関わっていたのか、調べるようになります。

テープの秘密はもちろん、手帳の持ち主は誰なのか、伯父の達雄の行方はどうなっているのか、阿久津(小栗旬)と共に真相を追うことを決意。

 

そして、1984年、伯父の達雄からある連絡が・・

それは、自分がギン萬事件の犯人であること。

阿久津は、曽根達雄の居場所を突き止めます。

達雄が店主を務めている書店を訪れた阿久津。

真相を語るように迫ると、かなり驚いた様子の達雄ですが、俊也と縁があることを知ると全てを受け入れるようになります。

 

そして、達雄はギン萬事件の全容を明らかにしていきます。

「警察や企業に一発、ガツンと喰らわせたい」という気持ちが奮い立ち計画を練り始めたこと。

また、当時は日本の企業人は護衛なども付けていなかったことから、誘拐は容易なのではないかと達考えていたこと。

関西地区で人員を集めていき、その中には経済ヤクザの人物、青酸ソーダを手に入れやすい人物、キツネ目の男、無線傍受のプロなどが含まれていたことを明かしました。

 

達雄は「“ギン萬事件”は形を変えた闘争だった」と語るものの、その言葉を受けて阿久津は「結果、何を生んだのか?」と迫ります。

そして、事件の全容について、阿久津は記事を書き、一面を飾り大きな騒動を日本に起こしました。

 

子供の声は誰?内容についても紹介

「罪の声」のモデルとなった実際に起こった事件でも、本当に子供の声が利用されていました。

(次の動画は再現になります)

きょうとへむかって いちごうせんをにきろ  ばすてい

じょうなんぐうの  べんちの  こしかけの うら

つまり、「京都へ向かって1号線を2キロ。バス停。城南宮のベンチの腰掛けの裏」

と言っています。

 

映画『罪の声』の予告でも、「子供の声」のシーンが、使用されています。


子供の将来のために、声の主が誰なのかについては、公表されていませんでした。

 

キツネ目の男は何者?


こちらの似顔絵は「キツネ目の男」と呼ばれる人物。

この人物は実在していて、犯人グループの一員とされていました。

グリコ森永事件は2000年2月13日に時効となったものの、2007年には「似顔絵のキツネ目の男を知っている」という人物が実際に現れたこともあったようですよ。

 

まとめ

映画『罪の声』が2020年10月30日に公開されました。

映画.comアクセスランキングでは、2位ランクインするなど注目されている作品です。

そんな映画『罪の声』ですが、実話でもあるグリコ森永事件がモデルになっています。

 

どこまでが実話なのか、子供の声やキツネ目の男が誰なのか、また、ネタバレについてまとめてみました!

実話にもとづいている内容は、こちらです。

  • グリコ・森永事件の発生日時
  • グリコ・森永事件が発生した場所
  • 犯人グループの脅迫・挑戦状の内容
  • その後の事件報道について

 

他にも映画『罪の声』の、ネタバレや子供の声、キツネ目の男が誰なのかについても調査しました。

子供の声や内容については、実話でもあるグリコ森永事件を忠実に再現していることが判明。

ストレートに“未解決事件”だと分かるような作品内容となっています。

ぜひ劇場でご覧ください!

 

コメント