芦田愛菜は慶応高校から大学は医学部希望?成績や進学の可能性を調査

芦田愛菜は慶応高校から大学は医学部希望?成績や進学の可能性を調査 エンタメ

天才子役として活躍し、高校生にして数多くの賞を受賞してる芦田愛菜さん。

高い演技力はもちろんですが成績も優秀で、進学した高校は超難関校の慶応と言われてます。

そして芦田愛菜さんが希望する大学は、なんと医学部との噂があるんです!

そこで「芦田愛菜は慶応高校から大学は医学部希望?成績や進学の可能性を調査」をお送りしたいと思います。

最近では大河ドラマ・麒麟がくるの出演が発表され、女優業も忙しいようですが進学に向け成績は大丈夫なのでしょうか?

気になる芦田愛菜さんの経歴を、まとめたのでご覧下さい。

 

芦田愛菜は慶応高校から大学は?

芦田愛菜さんは天才子役として活躍しながら、中学受験で慶應義塾中等部に進学。

しかも、慶應義塾以外にも複数の難関校を受けていて、全て合格されたという才女!

そんな芦田愛菜さんも現在は高校生になり、エスカレート式で慶應義塾女子高等学校へ進学しました。

気になるのは高校卒業後の進路になりますが、芦田愛菜さんがテレビ番組で驚きの希望進路を話していました。

 

芦田愛菜は医学部希望?

朝の情報番組スッキリのインタビューで、将来は病理医になりたいと語った芦田愛菜さん。

目指すは女優業を続けながら、医学部へ入りたいというのですから驚きですね。

噂では現在通っている慶應義塾から内部進学の他に、京都大学医学部を狙ってるのでは?と言われています。

京都大学には、子供の頃から尊敬する山中伸弥教授がいらっしゃるので、視野に入れててもおかしくありません。

どちらにしても難関である医学部を志しているので、今後も勉強を頑張らないといけませんね。

そんな努力家で勉強熱心な芦田愛菜さんの、経歴とプロフィールをご紹介します。

 

芦田愛菜の経歴やプロフィール

今ではすっかり”芦田愛菜ちゃん”から”芦田愛菜さん”へ成長し、キレイな女性の顔に。

テレビや映画を見て応援していた視聴者は、思わず親の気持ちで見守ってしまいます(笑)

医学部進学を目指す芦田愛菜さんは、読書家としても有名で年間100冊以上も読むそうです。

かなりの読書量に加え、勉学と仕事のバランスをどう保っていくのかも気になりますね。

そこで芦田愛菜さんの簡単なプロフィールから、仕事と勉学を両立させるヒントを探っていこうと思います。

 

芦田愛菜のプロフィール

こちらが芦田愛菜さんのプロフィールになります。

本名: 芦田 愛菜(あしだ まな)

生年月日:2004年6月23日(2020年現在16歳)

出身地:兵庫県西宮市

所属レコード会社:ユニバーサルミュージック

所属事務所:ジョビィキッズプロダクション

芦田愛菜さんはまだ、主に子役が所属する「ジョビィキッズプロダクション」に在籍しています。

こちらは0歳から18歳までの子役達が所属する事務所なので、大学へ進学後は違う事務所へ移るかもしれませんね。

3歳から母親の勧めで芸能界入りし、2009年には子役デビューをした芦田愛菜さん。

2010年のドラマ『Mother』で見せた演技力の高さで、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を始め新人賞を受賞。

その後もNHK大河ドラマや数多くの作品に出演し、マル・マル・モリ・モリ!でCDデビューも果たしています。

 

勉強に演技と何でも出来るイメージがある芦田愛菜さんですが、実は泳ぐことが苦手だとか。

中学生の時に、25メートル泳げずに補修を受けたこともあるそうです。

完璧じゃないところに少し親近感が持てますね。

そんな芦田愛菜さんの座右の銘は、元プロ野球選手・王貞治さんの言葉でした。

努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは言えない

父親に教わった王貞治さんの言葉に感銘を受けたそうで、感性が天才的です。

この座右の銘があるから、努力して女優と勉学の両立を続けられるんでしょうね。

そして2019年の「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で、祝賀メッセージを堂々と述べる姿も印象的でした。

しかし芦田愛菜さんの驚かされる言葉は、まだ他にもありました!

 

芦田愛菜が思う”信じる”とは?

2020年10月に、映画「星の子」の舞台挨拶に芦田愛菜さんは登場しました。

この映画は病弱な娘を救った水と、それを販売する宗教を信じる両親の元で青春を送る中学3年生の女の子が描かれています。

映画の中で描かれてるテーマの「信じる」について、芦田愛菜さんの答えに誰もが納得させられました。

裏切られたとか期待していたとか言うけど、その人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけ。見えなかった部分が見えたときに、それもその人なんだと受け止められることができる、揺るがない自分がいることが信じることと思いました。

揺るがない軸を持つことは難しい。だからこそ人は『信じる』と口に出して、成功したい自分や理想の人物像にすがりたいんじゃないかなと思いました。

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2170996/full/

「信じる」とは何か?という難しい問いに、高校生の芦田愛菜さんの見事な回答。

この受け答えに、共演者の永瀬正敏さんは「これ以上の答えはないですよ」と絶賛!

この時の芦田愛菜さんの言葉は世界にも広がり、海外からも高い評価を得ました。

とても深い言葉に、心が救われたという方も多かったようです。

 

まとめ

「芦田愛菜は慶応高校から大学は医学部希望?成績や進学の可能性を調査」と題してお送りしました。

子役から多くの作品に出演する傍ら、勉強も怠らずに高い成績を誇る芦田愛菜さん。

大学進学も頑張って、慶応義塾高校から医学部へ入って頂きたいですね。

希望である病理医になっても、素晴らしい演技を見たいので女優は続けて欲しいです。

これからも芦田愛菜さんの活躍に期待して、応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント