わたどうの城島は七桜が好き?女将の手下の理由は?

ドラマ

浜辺美波さんが七桜を演じ、主演を務めるサスペンスドラマ、「私たちはどうかしている」(以下「わたどう」)。

怪しさいっぱいの、観月ありささん演じる女将も、話題になっていますよね!

 

実は、「わたどう」の登場人物、高杉真宙さん演じる城島は、「七桜のことが好き?」と話題になっているんです。

今回は、城島が七桜のことが好きなのか、考察してみました。

 

また、第3話では、城島が女将の手下として暗躍していることが分かりました。

城島が、女将の手下をしている理由は?

 

こちらもあわせて、検証していきますね!

 

わたどうの城島は七桜が好き?

老舗和菓子店を舞台にした、サスペンスドラマ「わたしたちはどうかしている」(以下「わたどう」)。

横浜流星さんと浜辺美波さんのダブルキャストや、妖しさ満点の観月ありささんの活躍が、話題になっていますよね!

 

そんなドラマ「わたどう」に登場する、和菓子職人・城島に注目が集まっています。

城島を演じるのは、俳優の高杉真宙さんです。

数多くのドラマや映画に出演している高杉真宙さん。

浜辺美波さんとは、映画「賭ケグルイ」以来の共演となります。

フレッシュなお2人ですね!

 

城島は、七桜が和菓子のことを夢中で話せる、貴重な同僚といったポジション。

そんな城島は、七桜のことが、好きなんでしょうか?

 

七桜と城島の関係について、SNS上では、好きなのでは?という声がありました。

確かに、七桜と椿が楽しげに話す様子を、複雑そうに見つめるシーンがありましたよね!

七桜のことが、ちょっと気になってきちちゃってるんでしょうか?

 

二人の会話シーンがかわいい!

そんな、七桜と城島の会話シーンがかわいい!と話題になっているんです。

 

城島と一緒だと、緊張のほぐれた表情で、嬉しそうに和菓子のことを話す七桜。

画像引用元:https://twitter.com/hs3m7a3k/status/1298626428255129601?s=21

城島の優しい表情も、可愛らしいですよね!

 

主に女将からですが、常に敵意に囲まれながら、奮闘する七桜。

城島との時間は、ホッとできる瞬間なのかもしれません。

 

SNS上でも、城島と七桜の会話シーンは、スリリングなドラマの展開の「箸休め」になる、との声が見られました。

 

しかも、第3話で城島が七桜と会話していると、椿が会話に割り込んでくるシーンがありました。

椿は嫉妬しているようで、キュンとしちゃいましたね!

しかし、この椿の気持ちが、後に城島に利用されてしまうんです…。

 

女将の手下の理由は?

「わたどう」のヒール役、女将・高月今日子を演じるのは、女優の観月ありささん。


とっても美しいですが、怪しさ満点ですよね。

 

実は、女将は椿の父親と不倫関係にあり、椿は正妻の子供ではありません。

佐野史郎さん演じる大旦那が、椿に辛く当たるのはそのためですね。

 

椿の花嫁候補として突如現れた七桜に不信感を抱き、素性を疑っています。


そして、七桜を何かにつけて虐めてくるんです。

 

第3話で、七桜は女将だけでなく、城島からも怪我を負わされそうになりました。

動画にもありますが、壺を七桜の頭上に落としたことを「やりすぎよ」と指摘された城島は、こう答えています。

「だってむかつくんですよね椿さん。いつも涼しい顔して。絶望した顔とかみたくなっちゃうんです。」

城島、真っ黒ですね!

壺を落とすことは、城島が考えたことだったんですね!

 

では、どうして城島は女将の手下になっているんでしょうか?

 

金銭を渡すシーンもありましたし、経済的に困窮していて、金で釣られているからなのでしょうか。

また、SNS上には、「城島は、女将に何か弱みを握られているのでは?」との意見も。


それも考えられそうですよね…。

 

当サイトとしては、「城島は、椿に私怨があるのでは?」と考察したいと思います。

根拠としては、先にお伝えした「だってムカつくんですよね、椿さん」のセリフが有力です。

 

椿への私怨があるところを、女将に利用されているのではないでしょうか?

 

城島は本気で七桜を好きになったの?

「わたどう」第4話は、城島のスキンシップが多めでしたよね…!


しかも「七桜さんが好きなんです」とのセリフ入り。

もしかして、城島は、七桜のことが本気で好きになったんでしょうか?

 

SNS上にはこんな考察をする人も。

城島が七桜を構うのは、椿への「攻撃」のためなのでは?との意見があるんです。

 

当サイトでは、城島は七桜を「現時点では好きではない」と考察します。

その根拠は、第3話で城島が、壺を落として七桜に怪我を負わせようとしたことです。

 

何か理由があったにしても、さすがに好きな女の子に、わざと怪我をさせることはないですよね!

 

先にお伝えしましたが、椿にとって七桜は「嫉妬」の感情さえも抱く存在に、なりつつあります。

そんな七桜を奪うことで、椿が負うダメージは絶大なはず。

 

城島が七桜にちょっかいをかけることは、「七桜への好意」ではなくて、「椿への攻撃」であると言えそうです。

 

まとめ

今回は、ドラマ「私たちはどうかしている」(以下「わたどう」)について、考察してきました。

高杉真宙さん演じる城島は、浜辺美波さん演じる七桜のことが好きなのでは?との疑惑について、検証してみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

城島は七桜を好きとの意見もありましたが、怪我を負わせようとしたところを見ると、好きではなさそうでした。

城島が七桜を構うのは、「椿への攻撃のため」ではないか、と考察します。

 

また、城島は、女将の手下として暗躍していることも明らかになりましたね。

城島が女将の手下になっているのは、椿に対する̪「私怨」を女将に利用されているではないでしょうか?

 

様々な思惑が絡みあう、「わたどう」の人間関係。

これからも、目が離せませんね!

 

コメント