にじいろカルテ真空の病名はなに?難病の多発性筋炎はどんなもの?

にじいろカルテ真空の病名はなに?難病の多発性筋炎はどんなもの? ドラマ

2021年1月スタートの木曜ドラマ『にじいろカルテ』(テレビ朝日系)。

高畑充希さん演じる内科医「紅野真空(くれのまそら)が主人公のドラマです。

秘密を抱えて働く内科医・真空の秘密とは・・・難病の多発性筋炎に侵されているということ。

しかし、多発性筋炎って、ちょっと聞きなれない病名ですよね・・・

そこで今回は、「にじいろカルテ真空の病名はなに?難病の多発性筋炎はどんなもの?」と題して、真空の病気について深堀していきます!

 

にじいろカルテ真空の病名はなに?

それではまず、真空の病名が明かされた第1話をおさらいしていきましょう。

 

にじいろカルテ第1話のあらすじ

東京の大きな病院で内科医として働く紅野真空(くれのまそら)。

ようやく仕事にも慣れて医療現場で働く喜びも感じてきた頃、突然職場で倒れてしまい・・・

奨学金の返済もあるからこのまま働かせてほしいと上司に懇願する真空でしたが、上司には「うちに欲しいのは患者ではない」と言われ、クビになってしまいます。

 

そんな真空が偶然調べた山奥の「虹ノ村」に、内科医募集の文字を発見。

病気のことを隠して虹ノ村の内科医として村に赴く真空に、村の人は大歓迎!

虹ノ村診療所の同僚である、外科医の浅黄朔先生(井浦新)や看護師の蒼山太陽(北村匠海)とともに働き始めます。

ある夜、崖から落ちたけが人と熱中症患者を同時に助けないといけない危機的状況に陥るも、見事なチームワークでそれを乗り越えた診療所の3人。

ほっと胸をなでおろしたところで、真空が「ごめんなさい。私、嘘をついていました。私は多発性筋炎という病気を持っています。」と、自分の秘密を打ち明けるのです。

 

そこで真空の病名が「多発性筋炎」だと分かるのです。

 

病気を打ち明けられた虹ノ村の人々の反応は?

「ずっと打ち明けようと思っていたんだけど、採用取り消しになるのが怖くて」と泣きながら病気について打ち明ける真空に、朔先生があっけらかんといいんじゃねーの?医者で患者か、最強じゃん!」と一言。

いつもは朔先生と犬猿の仲の太陽も「ですね!」と笑顔で返すのです。

涙を流していた真空が「いていいんですか?」と尋ねると、採用責任者である虹ノ村役場の霧ケ谷桂(光石研)も「『いていいですか?』じゃなくて、いてください!」と言葉を掛けます。

 

 

ここまでが第1話のストーリーです。

大病院の「患者はいらない」という冷たい言葉と対比した、「いてください」「医者で患者なんて最強」という温かい言葉に第1話から号泣した人が続出しました。

 

難病の多発性筋炎はどんなもの?

ここからは、真空が侵されている「多発性筋炎」について調べていきます。

 

多発性筋炎とはどんな病気?

「多発性筋炎」は自己免疫疾患の一種で、免疫細胞が誤って正常な細胞を攻撃してしまうことにより 筋肉に炎症を起こしてしまう病気です。

発症の原因は不明で、ガンや間質性肺炎を発症してしまうケースもあります。

女性に多く発症することが分かっていて、発症者の男女比は1:3。

現在日本には約2万人の多発性筋炎患者がいると言われています。

 

多発性筋炎の症状

多発性筋炎を発症すると、次のような症状が現れます。

  • 椅子から立ち上がるのが難しい
  • 階段の上り下りがしにくい
  • 食べ物や飲み物が飲み込みにくい
  • 会話がしにくい
  • 疲れやすい

症状には波があり、過ごしやすい時期と痛みや疲れが強い時期とがあるようです。

 

多発性筋炎の治療

多発性筋炎は、残念ながら完治することはない病気です。

治療としてはステロイドなどの免疫抑制剤を内服しますが、対処療法であって完治を目指す治療ではありません。

さらに免疫抑制剤は免疫本来の働きまで抑制してしまうので、感染症のリスクが増大。

薬の副作用は、うつ病や骨粗しょう症などが考えられます。

悪性腫瘍(がん)を併発している場合は、そちらの治療も並行していくことになります。

 

多発性筋炎の予後

多発性筋炎の5年生存率は50~80%。

死因は、悪性腫瘍(がん)や間質性肺炎、心不全や感染症、誤嚥(ごえん)性肺炎などです。

 

多発性筋炎で仕事はできる?

多発性筋炎の症状は常に出ているわけではなく、体の痛みやだるさなどが強く表れる時期と弱まる時期とがあるようです。

そのため、職種を選びうまく病気と付き合っている患者さんも多くいます。

真空の場合は、夜勤もある超ハードワークな大病院での勤務は難しいかもしれません・・・

風邪さえも命取りになってしまう難しい病気ですが、空気の良い田舎の診療所で周囲の協力を得ながらだったら医師として働いていけるのではないでしょうか?

今後の展開が気になりますね。

 

まとめ

「にじいろカルテ真空の病名はなに?難病の多発性筋炎はどんなもの?」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたか?

『にじいろカルテ』の主人公である真空の病名は、難病である多発性筋炎でした。

難病を抱えながらもひたむきな真空が、温かい診療所のメンバーや虹ノ村の人々に支えられ、医師ととして、患者としてどのように成長していくのか気になりますね。

最後までお付き合いくださってありがとうございました☆

コメント