姉恋マナト(林遣都)の過去とは?前科は両親の交通事故に関係ある?

姉恋マナト(林遣都)の過去とは?前科は両親の交通事故に関係ある? ドラマ

2020年10月からスタートした、ドラマ姉恋こと『姉ちゃんの恋人』。

1話では林遣都さん演じる吉岡真人(マナト)の過去について少しわかってきました。

というのも、吉岡真人には保護司がいることが明らかになり、過去に犯罪歴があるようなシーンも・・、

そこでSNSでは、真人の過去の秘密に多くの考察が繰り広げられています!

マナトにはどんな過去があり、前科はどういったものなのでしょうか。

その前科とは、両親の交通事故に関係があるのでしょうか。

この記事では姉恋こと『姉ちゃんの恋人』で林遣都さんが演じるマナトの過去について、また前科は両親の交通事故に関係があるのか、考察を含めまとめています!

 

姉ちゃんの恋人の林遣都の役所は?


姉恋こと『姉ちゃんの恋人』で、林遣都さんが演じているのは吉岡真人(よしおか まなと)という役。

ホームセンター「T’s Craft & Home」葛西店で、配送部勤務。

仕事に実直であり、常に低姿勢で笑顔を絶やさない青年です。

有村架純さんが演じる桃子との接点は、これまでありませんでした。

しかし、店舗内の各部署から選出されるクリスマスプロジェクトのメンバーに抜擢されたことをきっかけに、桃子と出会うようになります!

 

林遣都が演じるマナトの過去について

ある時、吉岡真人の家に川上菊雄が訪ねてきました。

光石研

出典元:https://www.instagram.com/p/CFuRV0gAgm4/?utm_source=ig_web_copy_link

川上菊雄は、保護司をしていて、桃子にホームセンターを紹介した親戚。

吉岡真人は家に居なかったため、母親と川上菊雄の2人で話し始めます。

 

そこで、川上菊雄は「吉岡真人は十分償った」と言いました。

そして、「誰かのせいで吉岡真人が傷つくようなことが起きないか」と心配していることを話します。

そんな川上菊雄に、母親は「命に代えても私が守る」と約束。

内容について大きく触れなかったものの、吉岡真人は過去に罪を犯したようなそんな内容でした。

 

マナトには前科があった!

ここで気になるのが、光石研さん演じる川上菊雄という人物。

「保護司」という役柄ですが、保護司の仕事は犯罪をしてしまった人や非行少年の更生・社会復帰をするといった内容です。

さらに保護司の仕事内容を細かく分けると、次の3つになります!

  1. 保護観察:更生保護の中心となる活動。
  2. 生活環境調整:釈放後、スムーズに社会復帰を果たせるようにする活動。
  3. 犯罪予防活動:地域社会の理解を求めるとともに、犯罪予防活動など促進すること。

つまり、ここまでまとめると、マナトについて次のようなことがわかりました。

  • 吉岡真人は何らかの犯罪を犯し、保護司がついている
  • 母親が大きく関係している?

では、マナトは一体どんな犯罪を犯し、前科がついたのでしょうか。

 

両親の交通事故が関係?


林遣都さん演じる、吉岡真人は父親を3年前に亡くしています。

また、有村架純さん演じる桃子も、高校3年生の時に両親を交通事故で亡くしています。

そのため、吉岡真人はどちらか両親が亡くなったことに関わっている可能性があるのではないでしょうか?

 

マナトの両親が関係している?

吉岡真人の年齢は31歳、また父親が亡くなったのは3年前という設定。

保護司が付くということは、成人の場合だと「保護観察付き執行猶予」の可能性が高いです。

そのため、3年~5年前に何か事件を起こした可能性が大きいです。

父親が3年前に亡くなっていることから、父親の死に何か関係があるかもしれませんね。

他にも、吉岡真人は、ドラマ内でよく右手を見たり、握り締めたりする行動をしています。

また、吉岡真人が自分の震えた手を見つめているシーンもありました。

手が震えてしまうのは、恐らく過去の犯罪が関係しているかと思います。

 

ここで推測されるのは、これら2つ。

  • 3年前に父親が亡くなったが実は他殺。その犯人に対する復讐をした?
  • 父親からDVを受けていて、母親を守るために犯罪を犯した?

しかし、自宅にも、父親の写真が飾ってあったので、DVという推測は違うのでは?という意見もありました。

 

桃子の両親が関係している?


有村架純さん演じる桃子の両親は、桃子が大学を受験した日に交通事故で亡くなっています。

そのため、桃子の両親の事故死に関係しているのでは?という心配の声もありました。

桃子の両親は車の交通事故で亡くなっています。

吉岡真人は、車を運転している姿が確認出来ました!

林遣都 フォークリフト

出典元:https://twitter.com/PcsForklift/status/1323891200877715456?s=20

もし、この説が本当であれば、車の運転は控えるのではないでしょうか。

 

ネタバレ追記(2020年11月17日第四話放送後)

第四話の放送で、ついにマナトの過去の事件が明らかになりましたね!

サラリーマン時代のマナトは、当時の彼女と食事に出かけ、帰路で男性2人に絡まれます・・・

 

襲われそうになった彼女を助けるべく、鉄パイプのようなもので殴りかかり、絡んできた男性2人に怪我を負わせてしまいました。

彼女を守るためだったにも関わらず、マナトの彼女は「襲われてなどいない」「マナトは酒に酔っていた」などと証言したことから、マナトは罪に問われることに・・・

 

マナト目線の回想シーンだったので、真偽のほどは明らかではありません。

マナトの彼女が、全然内容の異なる証言をしたことも気になりますよね?

 

ですが、マナトが被害者から加害者になってしまったことは明らかのようです。

第五話の予告には、保護司・川上菊雄の描写も。

今後、さらにマナトの過去が明らかになっていきそうです!

ますます目が離せませんね!

 

まとめ

姉恋こと『姉ちゃんの恋人』で林遣都さんが演じる、吉岡真人(マナト)の過去、前科について、両親の交通事故が関係しているかについてまとめました!

保護司がついていることから、過去に犯罪を犯し、前科があることが明らかになった吉岡真人(マナト)。

両親の交通事故も大きく関わっていることがわかりました!

『姉ちゃんの恋人』の吉岡真人は、とても真面目な好青年。

そのため、誰かを守るために罪を犯してしまったみたいですね。

林遣都さんは、今後そんなマナトの内面を、どう演じてくれるんでしょうか?

母親も心配していることから、今後の母親のセリフ、また保護司の川上菊雄の行動にも目が離せませんね(^^)

今後の情報にも注目したいと思います!

コメント